「夫婦喧嘩は犬も食わぬ」ということわざがあり、これは本来なんでも食い興味深い犬でさえ夫婦喧嘩はつまらないので見向きもしない、放っておくという意味ですが、この通り本来犬はなんでも食いつく動物です。

犬がフードを食べないと相談される場合、全く何も食べていないと問題ですが、「フード以外」はよく食べているケースが多いです。

なのでフード以外を食べ空腹が満たされているのでフードを食べないのです。

ですが、おやつや人の食べ物が中心の食生活になってしまうと、栄養面や健康面でも心配なので理想的なフードを食べるようにするには、まずフード以外を与えない事です。

(飲み水はいつでも与える)犬もフードしか食べ物がないと学習し空腹になるとフードを食べます。