我が家に待望の子犬がやって来た時、1番に教える事はトイレではないでしょうか。

ところがトイレもペットシーツの準備も完璧なはずなのに、愛犬がトイレ以外で排泄をする、トイレをなかなかしてくれないなど、トイレの躾で悩まれる飼い主様はたくさんいます。

犬の躾の場合、してほしい行動をした場合に褒める、してほしくない行動をした場合叱る方法がありますが、トイレの躾においては前者が効果的です。後者を強化してしまうと犬は排泄に対して、してはいけない行動と勘違いして排泄自体を我慢したり、お留守番中に隠れてしてしまう事もあるのでおすすめ出来ません。

ではおすすめのトイレの躾方法ですが、まずはトイレの位置を決めましょう。
お部屋の中にそのままトイレを置くよりは、サークルなど限られた空間の中に最初は置くと効果的です。

そして犬の尿意、便意のサインを見逃さない事がとても大事です。
犬は排泄が近くなると、床やお尻の匂いを嗅いだりそわそわと落ち着かなくなります。そのタイミングに合わせトイレに誘導します。

そこで上手く排泄が出来たら、よく褒めます。
出来るだけ優しくゆったりと「上手に出来たね」や「いいこ」と声がけをして撫で、時にはおやつなどご褒美を与えます。

これを繰り返しすると、ここがトイレ、ここで排泄をするといい事(褒めてもらえる、ご褒美がもらえる)があると犬は学習し、トイレを覚え尿意や便意を感じると自ら指定の場所で排泄するようになります。

犬のトイレの躾も人間の赤ちゃんと同様タイミングと継続して教える事が大切なので、失敗しても騒がず静かに(愛犬にかまわない)排泄物を片付ける事もポイントです。

トイレの躾は出来たら褒める、失敗しても怒らないの2つを忘れず継続する事が大切です。